健康な歯が得られるインプラント|コツコツ病院探しで輝く歯

歯医者と患者

画期的なインプラント治療

歯の模型と治療器具

オールオン4は総入れ歯の人や多くの歯を失った人に開発された画期的なインプラント治療です。総入れ歯の場合、通常はインプラントを少なくとも10本埋め込む手術を行なっていました。そのため手術時間が長くなり、費用もかさんでしまいました。しかしオールオン4は4本のインプラントで人工の歯を支えるため手術時間や術後の腫れ、費用面での負担を減らすことができます。また骨が薄くてインプラント治療をあきらめた人もオールオン4の技法を用いればインプラント治療が行なえるようになりました。抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで1日で終えることが可能です。そのため今まで使用していた歯や入れ歯を手術当日まで使用できます。そして夜には新しいインプラントで支えられた仮歯で食事をとることもできるのです。

総入れ歯の人や残っている歯の殆どが虫歯で歯根まで大きく欠けていたり、歯周病で歯が揺れている人がオールオン4の治療に適しているとされています。メリットは入れ歯と異なり食べ物がはさまって痛むことはありません。また硬い物も食べることができます。固定式の歯となるので取り外してお手入れをする必要がないので手間がかかりません。施術面では埋め込むインプラント数が少ないので短期間で終了し、肉体的精神的な負担が少なくて済むことです。デメリットは自分の歯がないあごしか施術できないため、歯が残っている場合は抜歯する必要があります。また口や身体の状態によっては施術できない場合もあります。オールオン4は特殊な技術が必要なため施術できる施設が限られていることです。